『コンビニ人間』 村田沙耶香

2016年、第155回芥川賞受賞作品。村田沙耶香さんご自身も店員経験があるという、コンビニを舞台にした小説だ。この本を読んでいると、
 
“普通”とは、いったいなんなのか?
 
ということを、終始、問われ続けているような気になる。
 
わたしはわたし自身のことを普通の中の普通、普通どまんなかな人間だと思っている。しかし、それを夫に告げると、「そんなわけないでしょ。」と笑われる。けれど、わたしも夫のことを個性的な人間だと思っているので、そんな人に否定されても…と、内心思っている。
 
もし、わたしやわたしの夫が普通でないとしたら、そんなふたりに育てられる子どもたちも普通でないことになる。わたしたちを育てた親も、その親を育てた祖父母も、みんな普通ではなくて、もう普通の人間なんて誰もいなくなる。
 
だけど、世の中には誰が決めたのかわからない“普通”が存在する。
 
物語の主人公である古倉恵子は、36歳の独身女性。男性経験はおろか、彼氏ができたこともない。公園で死んでいたきれいな小鳥を見て、「焼き鳥にして食べよう」と言い出したり、喧嘩の仲裁をするために、暴れる男子の頭をスコップで殴りつけるような子どもだった。就職もせず、学生時代にはじめたコンビニでのアルバイトを18年間も続けており、コンビニではたらいているときだけが、自分が世界の部品になっていると感じることができる。
 
…と紹介すると、古倉さんって普通じゃないよね?と、つい思ってしまうのではないだろうか。でも、それは誰の目線で、誰を基準とする“普通”なのか?
 
恵子のことを、普通の世界に戻そうとする人がいる。普通じゃないとバカにする者もいる。恵子が普通じゃないとすれば、その人たちが普通なはずなのだけれど、普通なはずの人たちにも嫌悪感やおそろしさを感じさせるところが、なんとも言い表しがたい、この世の矛盾をついていると思う。
 
この本には、人間社会のぞわぞわとした不気味さが淀んでいるのだけれど、コンビニという身近な場所が舞台となっていることもあり、想像しやすく、すらすら読める作品となっています。興味のある方はぜひ。
 
コンビニ人間

コンビニ人間

  • 作者:村田 沙耶香
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日: 2016-07-27
**********
 
前回に続いての芥川賞作品レビューとなりました。たまたま、図書館での予約順番が同時期にまわってきたというだけなのですが。
作家さんのためにも、借りるのではなく、買いたいという気もちはあるのですが、専業主婦にとっては、本を買うというのは、なかなかハードルが高いです。
ごめんなさいと思いつつも、図書館に通う日々です。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
手嶌ゆり子でした。